優秀ベースメイクテクニック | スノードの口コミ、効果、透け肌レビュー!

化粧下地は本当に必要なの?

化粧下地が必要な理由

理想の肌、崩れないベースメイクには
化粧下地が「絶対」必要です。

 

化粧下地の役割は、キメや毛穴などの
マイナス要素をカバーして、メイクの持ちを
よくすること。

 

化粧下地は種類もたくさん!
なりたい肌のナビゲーターになります。

 

くすみをはらうタイプの化粧下地は、
肌色を明るく整えて透明肌を演出します。

 

毛穴カバータイプの化粧下地は、
肌のデコボコを均一にしてくれます。

 

保湿効果のある化粧下地なら、
乾燥や過剰な皮脂によるメイク崩れを
防いでくれる効果があります。

 

化粧下地は、素肌の情報を整理して
メイクをキレイに仕上げてくれるアイテム。

 

使えば、ファンデーションを
厚塗りする必要がありません!

 

スノードブライダルヴェールベースクリームは、
毛穴カバートーンアップがかなう下地。
さらに美容成分たっぷりで、
保湿効果も高いのが特徴です。

 

複雑なオトナ肌の「なりたい肌」をお手伝い!
「あれもこれも・・・」が、
スノード1つでかないます♪

スノード公式サイト

化粧下地を選ぶポイント

化粧下地選びのポイント

仕上がり感

下地選びのポイントは、毛穴カバーや保湿など、
自分の肌が求める効果や仕上がり感。

 

さらに、自分の肌コンディションにあった
テクスチャーのものを選ぶのもポイント。

 

脂性肌なのに油分の多いBBクリームや、
乾燥肌なのに保湿効果のないものを選ぶと、
メイク中ずっと肌にダメージを
与えてしまいます。

 

色み

ベースメイクの仕上がりを
いちばん左右するのは肌色です。

 

毛穴目立ちによるシミくすみ
色ムラの間に透けて見えると、
一気に老け見えしてしまいます。

 

また、素肌の色にあわない下地を使っても、
顔色を暗くしてしまいます。

 

最近は、色で色を補正する補正下地が
登場しています。

ピンク

血色感をプラス。
色白肌ほど効果的

イエロー

肌色のにごりをカバー
健康的な肌色に調整する

グリーン

頬の赤みをとばす効果
ポイント使いが基本

オレンジ

クマやたるみが原因の
暗い茶ぐすみに効果的

 

自分に合う補正色がわからない、
カバーすべき色がわからない方
スノードがおすすめ!

 

スノードは白いテクスチャなので、
どの肌色にも合います。

 

さらにスノードのトーンアップ効果で、
白浮きさせずにナチュラルな透明感
出すことができるんです(*‘∀‘)

スノードレッスン♪優秀ベースメイクテクニック

ベースメイクテクニックの紹介

スノードはカバーもスキンケアも
両方かなえる化粧下地。

 

スノードに少しのテクニックを
プラスすると、メイクの効果を
もっと上げることができます!

 

スノード を使った
優秀ベースメイクテクニックを
ご紹介します♪

 

自然なツヤ肌に仕上げたい

ベースメイクテクニックの紹介

スキンケアで、たっぷり保湿すると◎。
メイク前の保湿ケアは、
自然なツヤ肌を演出します。

 

勝負の日や長時間メイクを落とせない日は、
朝のスキンケアにシートマスクをプラス!

 

シートマスクで
たっぷり肌をうるおしましょう。

 

ただし、シートマスクの美容液や乳液が
肌に残ったままだとメイクがなじまず
浮いてしまいます。

 

シートマスクの後、肌に残った余分な美容液は
ティッシュオフして!
その後、乳液でしっかりうるおいを
閉じ込めます。

 

乳液でスキンケアが終わったら、
スノードをのせていきます。

 

スノードは保湿効果が高い下地なので、
たっぷりうるおした肌の水光感そのまま
ツヤ肌を長時間キープしてくれます♪

 

スノードの後には日焼け止め、
ファンデーションでツヤ肌メイクの完成です。

 

夕方までキレイをキープしたい

ベースメイクテクニックの紹介

保湿しながらファンデーションと密着する
化粧下地を使うのがポイント!

 

化粧下地の役割は、
素肌とファンデをくっつける両面テープ。

 

ファンデと化粧下地が密着しなければ、
ファンデがムラになってしまいます。

 

夕方までキレイキープのコツは、
スノードをしっかり肌になじませてから
ファンデーションをのせること。

 

スノードが肌になじむ前、まだクリーム感が
残った状態でファンデをのせてしまうと、
ヨレにつながってしまいます。

 

これは、ファンデーションの油分が
混ざってしまうため(T_T)

 

スノードのテクスチャーは、
サラサラタイプで肌なじみが早いのが特徴。
スノードをのせてから3分〜5分ほど
待ってください。

 

しっかり肌になじんだ後にファンデを重ねると、
キレイに密着してヨレやムラになりません。

 

ベースメイク崩れの原因は、
乾燥による皮脂の過剰分泌。

 

スノードの保湿成分は、
ヒアルロン酸と加水分解コラーゲン。

 

ヒアルロン酸が角質層の水分量を高めて、
加水分解コラーゲンが肌の水分を逃しません!

 

だから、スノードは肌にのせてる間も
保湿効果が持続しているんです。

 

スノードは、
長時間キープをかなえる逸品です♪

スノード公式サイト

 

毛穴レスなツルン肌になりたい

ベースメイクテクニックの紹介

スノードは、毛穴カバー力が超優秀!

 

それは、メタクリル酸メチルクロスポリマーが
優れたフィット感を発揮するため!

 

薄づきでも均一にフィットするので、
ナチュラルなのにしっかりカバーします。

 

均一で毛穴レスな肌に見せたいなら、
スポンジを使うと◎。

 

スノードをのせた後に、スポンジで上から
軽く押さえていくとフィット感がアップします。

 

スポンジは、使いやすいものでOK!
ただし、同じものを毎日使い続けると
雑菌が繁殖して肌荒れするので注意(><)

 

30個入り400円とかのちっちゃいスポンジを
毎日使い捨てで使うのもおすすめ!
毎日スポンジを洗うのって
面倒くさいし・・・(´ε` )

形は「ハウス型」が使いやすいです♪
一つの面でスノード、違う面でファンデ、
小鼻周りはカドっこで、ポンポンします。

 

スポンジを使うと、スノードだけで
毛穴レスになります。

休日は、スノードだけでいいくらい!

 

おすすめの使い方です( *´艸`)

 

メイク直しの方法

ベースメイクテクニックの紹介

スノードのメイク直しは、
普通の方法で大丈夫(^^)

 

スノードに限らず、化粧下地を使っていれば
ひどくヨレたりファンデが流れたりすることは
あまりありません。

 

基本的にファンデーションが
薄付きで済むからです。

 

それでも、夜になると皮脂でテカったり
ベタついたり
することがあります。

 

そのときは、肌の上からティッシュを
優しく重ねて余分な皮脂を取り除きます。

 

その後で、ベビーパウダーなどの
お粉をのせると◎。
お粉が皮脂を吸着しながら、
肌をサラサラに保ってくれます。

 

このときのポイントは「ティッシュ」

 

あぶらとり紙はあまりおすすめしません。
あぶらとり紙だとファンデも一緒に取ったり、
余計にヨレてメイク直しが大変になります。

 

ティッシュだと、油分(皮脂)だけを
とってくれます。

こすらなければ、ファンデが一緒に
剥がれることはほとんどありません。

 

スノードを仕込んでおくと、
メイク直しもこの程度で十分(´∀`)
保湿効果が高いからですね!

 

もし、メイク崩れがひどい場合は
スキンケアを保湿重視にしてください。
素肌そのものに水分が足りてないから、
メイク崩れしている可能性大です!

 

素肌の水分量がアップすると、
メイク崩れは軽くなりますよ♪

 

→スノードで優秀ベースメイクを始める!

ベースメイクで印象アップする理由

ベースメイクで印象アップする

肌は、顔の面積の多くを占めるパーツ。
だから肌にはたくさんの情報が表れます。

 

メイクのプロたちの間では、
顔の印象の8割は肌で決まる
言われるほど!

 

肌が整うと、顔のマイナス情報がカバーされて
チャームポイントがぱっと華やぎます。

 

肌は、その人の体調や生活習慣など、
その人自身が表れるところ。

 

崩れない、印象アップのベースメイクを
味方につけましょう!

 

丁寧なベースメイクは、
それだけで印象をグッと上げますよ♪

 

→スノードの効果や使い方をチェックする